独自の付加価値提案で新規受注と信頼を勝ち取っていく。
 
営業部
吉田 卓矢
日本大学 商学部、2014年入社
 
製造装置の円滑な稼働に不可欠な工場付帯設備は、トラブルが起これば製造へのダメージ(=損失)に直結します。そのためメンテナンス部門の営業として、不具合が生じる前に点検や修繕、更新などの提案を積極的に行い、お客様よりも納入機械を把握しているくらいの気概で取り組んでいます。近年は省エネやエコ効果によるコスト削減提案が皆様に喜ばれ、多忙な担当者の方に代わって、社内稟議に活用いただける企画書や資料作りも私の得意技の一つとなっています。また単なる設備導入にとどまらず、「井戸が掘れる?」というイレギュラーなご相談にも対応し、弊社で掘削をはじめとする全工事の手配・管理を行いました。お客様からは大変喜ばれ、これが次の掘削工事の受注にもつながりました。資料作りにしても、特殊な工事にしても、独自の付加価値提案によって「売ったことがないものを売る」という面白さを実感し、いい緊張感の中で業務拡張の一翼を担っていると自負しています。
 
【未来の自分像】
定年退職された大ベテランの前任者から全てのお客様を引き継いで1年余。最初は不安もありましたが、今ではお客様とオフタイムを仕事抜きで楽しむような関係性を築いています。今後は私宛の特命受注が一番の目標です。そして同時に導入後の定期整備も承ることで売上ベースを構築していきます。年間の目標数字が定期整備のお客様のリピートで埋まるのが理想形ですね。前任者が大事に使っていた通勤バッグを退職時にいただいたのは私の誇りです。自分もそんなふうに慕われる人になれるよう成長していきます。
 
 
■先輩社員の声
営業山本の仕事とプライベート
営業中村の仕事とプライベート
営業星川からのメッセージ
職人木下からのメッセージ